Page↓ [×]

[×]

Concept

新宿より約30km、時間にして約40分。
ここ国立市を含めた多摩地域は都心からのアクセスも良好で、住環境も整っていることから多くの作家が暮らしています。一方で、作品の発表や仕事の場所としての動きはあまり見ることができません。都心に近い郊外として開発されてきた街では、自らが住む地域で発表をして制作をする場で作品を見てもらう必然性は低く、作家の多くは人が集まる中心部で作品の発表をおこなっていました。

しかし現在、地域をめぐる状況は目まぐるしく変化しています。それぞれの地で根を張って活動し文化を育んでいくような、いままでの形だけではない新しい関係性を、作家自らも探っている雰囲気を感じます。
わたしたちはこの街で、制作と生活、発表と仕事を切り分けることなく、活動のかたちを探りながら、文化を育んでいくことを目指します。

フライヤーPDFダウンロード

Video

Contact Form

    お名前
    件名
    E-mail
    Tel
    お問い合わせ内容

    [×]

    Kunitachi Art Center
    Map ( 2021 )

    [×]

    Artists A-Z ( 2021 )

    [×]

    Programs ( 2021 )

    [×]

    Schedule
    ( 03.20 sat - 04.04 sun 2021 )

    20

    21

    22

    23

    24

    25

    26

    27

    28

    29

    30

    31

    01

    02

    03

    04

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • 旧国立駅舎

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • YUKAKU

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • museum shop T

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • GalleryYukihira

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • WATERMARK arts and crafts

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • ZEIT-FOTO kunitachi

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • こいずみ道具店 | 倉庫

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • Maru Cafe Kitchen

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • Koizumi Studio

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • 富士見台トンネル

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • HOMEBASE

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • lamapacos ラマパコス

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • YAHHO~HOUSE

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • スタジオT.M

    • 20

      21

      22

      23

      24

      25

      26

      27

      28

      29

      30

      31

      01

      02

      03

      04

    • STUDIO322

    ● = 営業日

    [×]

    Year

    Artists→ at WATERMARK arts and crafts /
    • Icuco

    • Mizokami

    溝上幾久子

    創形美術学校版画科卒
    武蔵野美術大学造形学部卒
    銅版画の作品を中心に制作

    CV

    主な個展

    2008「はちみつどろぼう」馬喰町 /ART+EAT
    2015「キャラメリゼの夜」展  /WATER MARK arts and crafts
    2019「おおかみたちのえものがたり」展  /hasu no hana

    主なグループ展

    2013「足りない活字のためのことば」展
    12名の詩人たちと釡石の活字と版画の展示/馬喰町 ART+EAT(2013)
    2014「足りない活字のためのことば」展
    かだって釜石(2014)
    2014-17ハンズボン映像展
    studio mangosteen主催による短編映像上映会 /EARTH+gallery、池袋シネマロサ、小坪漁港特設会場
    *studio mangosteenとしてテキスト制作したアニメーション作品は、ベルリン国際映画祭コンペティションノミネートをはじめ世界各国の映画祭に参加

    イラスト

    新聞連載  単行本『溶ける街 透ける道』多和田葉子(日経新聞社)
    装画装丁デザイン『声 千年先に届くほどに』姜信子(ぷねうま社)
    雑誌「現代詩手帖」「美術手帖」「文学界」「すばる」「MONKEY」RIVER WALK」「エキスパートナース」 
    刊行物デジタル絵本『ピュートルストーリー』三修社、『パントスストーリー』講談社

    Exhibition Space